目尻切開したときのダウンタイムについて解説

目尻切開の施術を受けた際のダウンタイムについてわかりやすく説明します

目尻切開をした後のダウンタイムでどのような不便が生じるのか

アイラインやアイシャドウなど、メイクで目を大きく見せる努力をしても、もともとの目の大きさを変えることはできませんが、目尻切開をすることで目の幅を広げることができ、アイメイクの効果も大きくなります。目が細くて悩んでいる人やつり目で目の印象がきつい人に向いている手術で、人気があります。目尻の部分を切って、余っている皮膚を少しだけ切り取って縫い合わせるため、抜糸が必要で、腫れたり、内出血を起こしたりすることがあります。ダウンタイムは1週間程度なので、比較的短く、入浴やメイクは、2日後から始めることができます。目が腫れていることが気になる場合には、片目ずつ手術を受けて、眼帯をすることも可能ですが、アイメイクやファンデーションで内出血を隠すこともできます。

目尻切開の手術を受けることが向いている人

目の横幅や縦幅をほんの少しだけ広げることができる目尻切開は、目が細くて寂しく地味な印象で悩んでいる人や目尻が吊り上がって細く、きつい印象になってしまっている人に人気がある手術です。目尻の部分を横に引っ張った時に、隠れている白目が多い人が向いています。目尻の部分を横に引っ張った時に、すぐに赤い粘膜が見えてしまう人は、目尻の部分を切って広げると、粘膜の赤い部分が見えてしまい不自然になってしまいます。医師に相談すると、手術に向いているかを教えてくれるので、医師に相談してから手術を受けるかどうか決めることをおすすめします。手術をしても効果を実感しにくい場合には、たれ目になるようにしたまぶたの目尻側を下げる手術や目頭切開で目の幅を広げる手術、二重整形で目の縦幅を際立たせてぱっちりとした印象になる手術を組み合わせることもあり、人気があります。

目尻切開のダウンタイムの時におこる症状

丸みのある優しい印象の目にすることができる目尻の切開手術は、目尻の部分を数ミリだけメスで切り、余分な皮膚を取り除いてから、細い糸で縫い合わせることで、目の幅を広げる手術です。メスで切って縫い合わせるため、手術後には、腫れや内出血がおこることがあります。ダウンタイムの時には、主に、腫れや内出血が不便な症状ですが、48時間後からメイクをすることができる場合が多いので、ファンデーションやコンシーラー、アイシャドウなどで、腫れや内出血を目立ちにくくすることができます。腫れや内出血が気になる人には、片目ずつ手術を受ける方法があります。眼帯を付けて通常の生活を送ることができるので、片目ずつ手術することで、眼帯で隠すことができますが、片目ずつなので、2回目の手術までの間は、目の印象が左右で異なってしまいます。