目尻切開したときのダウンタイムについて解説

目尻切開の施術を受けた際のダウンタイムについてわかりやすく説明します

目尻切開のダウンタイムの平均期間

目尻切開とは、目の横幅を数mm切り開いて、長く伸ばしていくという整形手術です。この整形手術によって、目尻の外側は重力によって下がり、目が大きく見えるようになります。どれだけ長く伸ばす事が出来るかどうかは、目尻に隠れている白目の量次第となります。その為、切り開く事が出来る幅には、個人差があると言えるでしょう。そんな目尻切開は、あまり効果がないという声も少なくありません。しかし効果がないというのは、正しい術式によって手術が行われなかったという事です。正しい術式で手術が行われた場合、切れ長の目を手に入れる事が出来ます。そこで、実績のある医師やクリニックで整形手術を受けるようにしましょう。中には一度もこの術式による手術経験のない医師もいるので、注意が必要です。

誰でも目が大きく見えるようになるのか

整形手術による効果は、外側の白目が広がるというものです。外側の白目が広がれば、当然ながら目そのものが大きく見えるようになります。その為、目を大きく見せたいという方にとっては、ピッタリの整形手術と言えるでしょう。しかし、先に紹介したように外側の白目を伸ばせるかどうかは、個人差があります。例えば、目尻を引っ張った状態で鏡を見てみましょう。その時に、白目が1.5mm以上見える方には、非常に効果を発揮します。ピンク色の粘膜が見えないギリギリのラインまでは切り開く事が出来ますが、中にはすぐにピンク色の粘膜が見えてしまうという方もいる事でしょう。そうした方でも、たれ目を形成する整形手術と組み合わせる事で、白目が見える量を増やす事が出来、目が大きく見えます。

気になるダウンタイムはどれくらいか

整形手術を行う上で気になるのが、ダウンタイムです。目尻切開の場合、ダウンタイムには個人差がありますが、1週間程度と考えておくと良いでしょう。1週間後に抜糸が行われれば、アイメイクも行えるようになるので、ほぼ普段通りに過ごす事が出来るからです。ただし、抜糸までの1週間の間には白目や目元の周囲が腫れたり、白目に内出血が出たりする事もあります。これらも1週間程度で治まるので、抜糸の際には気にならないでしょう。コンタクトレンズは手術当日から使用可能となっていますが、違和感を抱いている方や当日から使用するのは心配という方は、手術から3日後から使用すると良いでしょう。気になる傷跡ですが、目尻そのものが見えにくい場所にあるという事もあり、全く目立つ心配ありません。