目尻切開したときのダウンタイムについて解説

目尻切開の施術を受けた際のダウンタイムについてわかりやすく説明します

目尻切開のダウンタイムにおけるコンタクトの使用について

目尻切開は瞼の皮膚を切開して縫い合わせることで二重ラインをつくります。切開方だと二重ラインが半永久的に維持できるため途中で取れることは殆どありません。二重ラインを作ると同時に瞼のたるみや皮下脂肪の除去も行うことも出来ます。取れない二重瞼が良い人や瞼の脂肪が厚い人、たるみの解消に向いています。切開方のダウンタイムは施術後に1週間から2週間ほど腫れがありますが特に抜歯をするまでは強い腫れが出やすくて、切開を行うため内出血もほぼ必ず起こりますがこれも1週間から2週間ほどでおさまります。むくみが取れて傷が目立たなくなってきて二重まぶたがほぼ出来るまでは約3ヶ月が目安といわれています。これも個人差がありコンタクトを使えるようになる期間もクリニックによって異なってきます。

目尻切開のダウンタイムについて

切開方でもいくつかの方法があって切開する皮膚の長さにより全切開方と小切開方、部分切開方があります。切開ラインが長いほどダウンタイムも長くなりますが、その分作れる二重まぶたの自由度が高くなり効果も得やすいです。施術後には痛み止めの処方や術後の指導をクリニックから受けます。保冷剤で目元を冷やしてから少し休憩を取りますが腫れが強くないときにはすぐに帰宅も出来ます。手術の直後は腫れていて視界が狭くなるため車の運転は控えるようにして付き添いの人の運転で帰るか、電車やバスなどを利用したほうが良いです。持って行くと良い物としてサングラスやつばの広い帽子など目元を隠せるものがあると、帰宅するときにも一目がきにならず便利です。手術直後はコンタクトレンズを付けられないので眼鏡も必要になります。

目尻切開後のコンタクトレンズ着用はいつから出来るのか

切開方の術後直後から24時間は血流が良くなると傷から少し出血することもあり、腫れのピークは3日間ほどです。赤紫の内出血が出る時期で施術直後と翌日は一番腫れが強く出ます。術後から1週間ほどで内出血が赤色から赤紫色に変わって黄色になっていきます。腫れが続く時期ですが術後5日から7日ほどで再通院して抜歯をすると腫れが引くのが早くなります。抜糸まではアイメイクは出来ないので外出はサングラスやフレームが太い眼鏡で目元を隠す必要があります。術後から2週間ほど経過すると目立つ腫れは殆ど引いて傷跡の赤みも落ちついてきます。黄色に変化した内出血も次第に薄くなって消える時期なのでメイクで隠せます。3ヶ月ほどで二重ラインがほぼ完成しますが個人差があるため半年かかることもあります。コンタクトはクリニックによって指導が違っていて、ソフトコンタクトだと施術当日でも可能としているところもありますが、出来れば1週間ほどは休んだほうが良いです。付け外しのときにまぶたを引っ張るので傷跡に負担がかかります。