目尻切開したときのダウンタイムについて解説

目尻切開の施術を受けた際のダウンタイムについてわかりやすく説明します

症状でわかる目尻切開のダウンタイム

目が細く、目尻の部分も細い人は、印象がきつくなってしまいがちです。また、目が細いため地味な印象にもなりやすく、目尻切開を受けて目の幅を広げる手術が効果的です。目尻の部分を切って、余分な皮膚を切り取ることで、目の横幅と縦幅を少しだけ広げることができ、自然で優しい印象の目になります。目尻の部分を切って、幅を広げる場合には、メスで切ってから余分な皮膚を取り除き、皮膚を縫い合わせていくので、腫れや内出血などがおこることがあります。ダウンタイムは1週間ほどで、抜糸をする頃には、ほとんど症状がおさまっていることが多く、ダウンタイムは比較的短い手術です。局所麻酔をするため、手術中に痛みを感じることはほとんどなく、手術後も鎮痛剤を処方してくれます。

目尻切開の方法とダウンタイムについて

細くて切れ長の目の目尻を少しだけ切る目尻切開は、目尻を横方向にメスで数ミリ切り、目の幅を広げます。さらに、切開した上下の不要な皮膚を切り取ることで、目尻に丸みを持たせることができます。糸で縫うときには、細い糸を使うので、跡が目立ちにくく、抜糸後は手術跡がほとんど目立ちません。ダウンタイムは1週間程度で、目の腫れや内出血が出ることがありますが、大きな腫れは2~3日でおさまります。内出血の多くは1週間程度で引くことが普通ですが、内出血の程度が大きい場合には、2週間ほどかかることがあります。腫れや内出血は、手術をしてから2日程度でメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラー、アイシャドウを塗って、目立たないように隠すことが可能です。

より大きな印象の目になりたい場合には

目を縦と横に少しだけ広げることができる目尻切開は、違和感が少なく、目の印象を優しくすることができたり、顔のバランスを整えたりすることができる手術です。自然で、かわいらしい印象の目元になることができるので、人気があります。より大きな印象の目になりたい場合には、たれ目のように目を下の方に広げる手術や目頭切開を組み合わせて行う場合があります。たれ目のようにした方に目の幅を広げると、丸みが強調されて、優しい印象の目になる効果があります。また、目の横幅を広げつつ、目頭の縦幅を広げることができる目頭切開と組み合わせることで、より大きな目になることができます。二重の手術と組み合わせると、アイメイクが映える美しい目になることができます。自分の目の形などに合う方法を選ぶことが大切なので、医師とよく相談することが必要です。